本質的な課題を解決する

CLCパーソナルサポート

 
・CLCパーソナルサポート
従業員の働く意欲をサポートする
パーソナルサポートプログラム
 
 
【はじめに】
昨今、人口減が社会問題となっており、企業存続には、人員定着と一人当たりの生産性向上がより求められる時代となってきました。
 
厚生労働省のデータでは、約5~6割の労働者が仕事に強い悩みやストレスを抱えているという結果がここ数年継続して出ています。また、2015年12月から、50名以上の事業所は、年に一度のストレスチェックが義務化され、メンタルヘルス対策の必要性が急務となっています。
 
メンタルヘルス対策、ストレス対策は、働く意欲の維持・醸成が鍵となります。そのためには、日頃のコミュニケーションやフォローがとても重要ですが、人事や管理職はその必要性を感じていても、現場の忙しさに追われなかなか着手できていないのが現状ではないでしょうか。また、多様な価値観や特性、世代ギャップのある従業員一人一人に合わせて対応するのは、容易ではない現実があります。
 
本プログラムでは、現場経験があり、かつ面談経験の豊富なキャリアコンサルタントや産業カウンセラー、および臨床心理士などのネットワークを活用し、従業員の働く意欲を高め、企業存続・発展のサポートを行ってまいります。
 
【プログラムのねらい】
  1. 個別面談を通じ従業員のメンタルフォローを行い、意欲醸成をはかります。
  2. コンサルタントが従業員と組織のパイプ役になり、職場連携を高めていきます。
  3. 第三者が介入することで、日頃気付きにくい問題をあぶり出し、問題の拡大化を未然に防ぎます。
 
【期待される効果】
◆企業側
・日常把握しづらい従業員の心理状態や悩みを知り、早期対策が講じやすくなる。
・問題の早期発見につながり、退職や休職等の人員削減リスクを未然に防ぐ。
 
◆従業員側
・日頃の悩みや不満、不安を吐き出すことで心の負担が軽減できる。
・各人に合った具体的なアドバイスを受け、意欲的に仕事が取り組めるようになる。

オプション(ストレスチェック)